グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  企業情報 >  事業戦略 >  生産・物流

生産・物流


―「安心」「安全」をお届けするために―
”必要なものを、必要なだけ、必要なときに、滞りなく提供する”ことをテーマニ、モノづくりの効率化を図るゼリア新薬
開発から生産・物流に至る一貫したシステムで、「高品質」と「信頼性」のさらなる向上をめざします

生産拠点

埼玉工場

[主な生産品目]
  • 医薬品(内服固形剤、点眼剤、軟膏剤、注射剤 等)

筑波工場

[主な生産品目]
  • 医薬品
  • 指定医薬部外品
  • 健康食品(ドリンク剤(微炭酸飲料可)、錠剤、顆粒剤 等)

ティロッツ・ファーマ Ziefen工場(スイス)

[主な生産品目]
  • 医薬品(内服固形剤 等)

ZPD Esbjerg工場(デンマーク)

[主な生産品目]
  • コンドロイチン硫酸

イオナ 福島工園

[主な生産品目]
  • 化粧品
  • 医薬部外品 等

F.T.ファーマ Cat Lai工場(ベトナム)

[主な生産品目]
  • 医薬品(内服固形剤、点眼剤、注射剤 等)
  • 健康食品 等

最新設備を導入した一貫生産体制を構築

何よりも品質を優先させ、より良いものをきちんとつくること。創業以来、長年にわたって受け継がれてきたゼリア新薬のモノづくりの精神です。
こうした考えのもと、ゼリア新薬は、埼玉工場、筑波工場、イオナ 福島工園、ティロッツ・ファーマ Ziefen工場、ZPD Esbjerg工場、F.T.ファーマ Cat Lai工場の6拠点における最適な生産体制を確立し、高品質かつ信頼性の高い製品づくりを徹底して追求しています。

埼玉工場は、GMP(医薬品の製造管理および品質管理に関する基準)施行後、日本で初めて適合工場として開設された工場で、当社の中核拠点として医療用医薬品とOTC医薬品を生産しています。
筑波工場は、容器の取り出しから包装までのすべての工程を自動化した一貫生産体制を構築しており、医薬品、指定医薬部外品および健康食品のドリンク剤などの生産を行っています。ドリンク剤ラインは、年間約1億本の生産能力を有し、ガラス瓶、アルミ缶容器への充填、さらに微炭酸入りドリンク剤の充填も可能です。また、包装形態も紙箱、シュリンクパック、クラスターパックなど、フレキシブルに対応できるのが大きな特徴です。
両工場とも、環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」を取得しており、環境に配慮した生産活動を行っています。

第8次中期経営計画期間中には大型設備投資を行い、医療用医薬品の「アサコール」、「アコファイド」、コンシューマーヘルスケア製品の「コンドロイチン群」、「ヘパリーゼ群」などの増産およびPIC/S GMPへの対応を順次進めております。

流動乾燥機(埼玉工場)

PTP機(埼玉工場)

計数充填機(埼玉工場)

ドリンク充填機(筑波工場)

マルチパック包装機(筑波工場)


医薬品物流の未来を示す新しいモデル

医薬品の物流には、多品種少量生産に対応した物流管理、配送の即時性、在庫量の圧縮などのさまざまな対応が求められます。ゼリア新薬は、こうした医薬品物流の特性に応えるため、「365日可能な稼働・配送」「リードタイムの短縮化」「ムダなコストの削減」「物流品質の向上」を目標に、物流コストの削減および迅速かつ正確な配送の実現を目指しています。