グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究開発 >  新薬のパイプライン

新薬のパイプライン


2022年5月11日 現在

国内開発状況

自社(Gr)品:自社グループオリジナル品
開発段階 開発番号
一般名
開発 適応症 作用機序
及び特長
起源
フェーズIII Z-338
アコチアミド
ゼリア 小児機能性ディスペプシア 上部消化管運動改善作用 自社品
フェーズIII ZG-801
パチロマーソルビテクスカルシウム
ゼリア 高カリウム血症 陽イオン結合非吸収性ポリマー 導入品
フェーズII*
(医師主導治験)
Z-338
アコチアミド
九州大学 食道胃接合部通過障害 上部消化管運動改善作用 自社品
*:日本医療研究開発機構 ( AMED ) の助成事業に採択

海外開発状況

自社(Gr)品:自社グループオリジナル品
開発段階 開発番号
一般名
開発 適応症 作用機序
及び特長
起源
フェーズIII
(欧州)
Z-338
アコチアミド
ゼリア 機能性ディスペプシア 上部消化管運動改善作用 自社品
承認
(メキシコ)
Z-338
アコチアミド
Faes Farma 機能性ディスペプシア 上部消化管運動改善作用 自社品(導出)
申請中
(チリ、コロンビア、ペルー、エクアドル)
Z-338
アコチアミド
Faes Farma 機能性ディスペプシア 上部消化管運動改善作用 自社品(導出)
申請中
(タイ、インドネシア)
Z-338
アコチアミド
Meiji Seika
ファルマ
機能性ディスペプシア 上部消化管運動改善作用 自社品(導出)

発売となった開発品

自社(Gr)品:自社グループオリジナル品
発売日 開発番号
一般名
開発 適応症 作用機序
及び特長
備考
2021年5月
(中国)
Z-206
メサラジン
ゼリア・Tillotts Pharmaの共同開発 潰瘍性大腸炎 pH依存型放出調整製剤 自社(Gr)品