グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




MR職


医薬福岡第1営業所第3課

Voice
MRは企業と医療の双方の発展に貢献できる仕事です

Profile
理工学部 卒業/2009年入社

当社への入社を決めた理由は何ですか?

消化器領域での専門性が高いことが挙げられます。製品一つひとつにおいてもそれぞれにユニークな特徴があり、独自性が高い製品が多いと感じたためです。そしてこれからの医薬品業界の流れや、各領域での専門性が高まっている状況の中で、より専門性の高い情報提供が出来るのではないかと感じたためです。
そして決定的なものは社員の方々の温かさでした。就職活動の時に採用担当の方や先輩社員の方々と接する機会があり、それぞれの方の親切さや人柄の良さを感じました。そのためゼリア新薬という会社は相手を尊重し人を大事にする会社だと感じ、私もこの会社で働きたいと思ったためです。

会社や仕事に対して、入社後に感じたギャップは何ですか?

大きなギャップは特にありませんが、営業としての役割を求められることも当然知っておくべきかと思います。
より良い製品の開発や社会への貢献のための財源の確保には、MRの活躍が不可欠だと思います。

仕事を通じて感じている、やりがいや誇り、楽しみは何ですか?

一番の喜びは、医師や薬剤師から「患者さんが『病気が良くなった』と言っていたよ」と、教えていただいた時です。自社医薬品によって患者さんの症状が良くなった、病気が治ったと、役に立っていると実感できることはうれしさと同時にやりがいに繋がります。さらに転勤の際に、先生から「今まで世話になったね、これからも頑張りなさい」と激励のお言葉をいただいた時の喜びはひとしおでした。
またMR活動を通して自社医薬品の処方数が増えていくことも楽しみの一つです。処方が増えたという事は、必要とする患者さんに薬がきちんと届いているのだと実感できるからです。

就職活動中の学生へのアドバイスをお願いします。

自分自身にあった会社との巡りあわせを実現させるために2つのポイントを大事にしてほしいと思います。
一つ目は相手をよく知ること。志望する業界や会社のこと、関連する製品のこと等、周辺知識を調べる努力は怠らないでほしいと思います。特に今後の行政の動向やそれに伴う業界の変遷についてよく知っておくことで、会社の考え方や方針などの違いがよく見えてきます。
そして二つ目は自身を知ること。自分の得意なことや苦手なこと、将来の自己のイメージ、それらをよく認識した上で就職活動に望むことで、より自分自身に見合った会社が自ずと見えてきます。「彼を知り己を知れば百戦殆からず」といった言葉にもあるように相手だけでなく、自分自身を、ともによく知ることが、就職活動を成功に導く早道であると思います。