グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  企業情報 >  コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス


経営の透明性による企業価値の向上
当社は、企業価値向上のために、経営の透明性、経営執行における
迅速な意思決定、スピード感のある経営体制を目指しています。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は、コーポレート・ガバナンスの強化・充実を経営の最重要課題と位置づけ、その向上と改善に取り組んでいます。

取締役会は原則月1回開催し、十分な議論と情報の共有を前提に、重要案件の決定・業務執行の監督を行っています。2016年7月1日現在、取締役13名(うち社外取締役2名)、監査役4名(うち社外監査役2名)の体制となっています。なお、社外取締役ならびに社外監査役と、当社との間に特別の利害関係はありません。

内部統制システムについては、2006年5月の取締役会において、内部監査、情報保存、リスク管理など、業務の適正を確保するための体制整備に関する基本方針を定め、現在も実効性の確保に努めています。

経常的に業務遂行上想定されるリスクについては、各現業部門の業務フローの中で管理可能な組織体制を構築することを基本とし、業務フローごとの規程の制定と整備に努めています。特に、医薬品企業として特有の製品の品質・安全性に関わる事項については委員会制を敷き、品質管理委員会、安全性評価委員会、PL委員会を通じて、横断的に対処しています。

コーポレートガバナン体制|Corporate Governance Structure